HOME

SPEED部品データ利用規約


SPEEDフォーマット部品データをご使用になる前に利用規約をお読みください。

SPEEDフォーマット評議会 (以下、「当評議会」といいます)は、SPEEDフォーマット評議会のサイト(以下、「当評議会サイト」と言います)を通して、SPEEDフォーマット部品データ(以下、「SPEED部品データ」といいます)および関連する情報を提供(以下、「本件サービス」と言います)を行います。当評議会サイトに掲載のSPEED部品データをご使用になる方 (以下、「ユーザー」といいます) は、ご使用になる前に、以下のSPEED部品データ利用規約(以下、「本規約」といいいます)に同意する必要があります。ご使用になる方は、利用規約をよくお読みの上、ご同意下さい。SPEED部品データをご使用になられた場合には、利用規約に同意したものとみなします。

第1条 (定義)
本規約においてSPEED部品データとは、当評議会サイトに掲載されているSPEED部品製作ツールにより製作された全てのSPEED部品データのことをいいます。

第2条 (許諾)
ユーザーは、SPEED部品データの利用の申し込みの時点で利用規約の内容を承諾しているものとします。

第3条 (義務)
1.ユーザーは、商品データに第三者の著作権、商標権その他の権利が含まれる場合には、本規約に基づく当評議会の行為に何ら支障のないよう必要な権利処理を行うものとします。
2.前項の規定にもかかわらず、第三者との間で商品データに関して問題が発生した場合には、ユーザーは、自己の責任と費用で当該問題の解決を図るものとします。但し、当評議会の責に帰すべき事由による場合は、この限りではありません。

第4条 (パスワード)
ユーザー自身が変更できるパスワードの管理は、各ユーザーの責任のもと行うものとし、第三者が容易にこれを知り得ることのないよう、その管理に十分ご留意下さい。当評議会はユーザーのパスワードが不正に使用されたことにより、ユーザーに損害が生じたといえども、如何なる責任も負いません。

第5条 (機密保持)
ユーザーは、事前に当評議会の書面による承諾を得ない限り、SPEED部品の内容を第三者に漏洩もしくは開示してはならないものとします。

第6条 (ユーザー情報)
1.当評議会は、当評議会サイトに登録するユーザー情報として以下の情報を取得します。
登録者氏名、登録者メールアドレス、パスワード、登録者住所、登録者業種
2.登録していただいたユーザー情報につきましては、以下の利用目的の範囲内で利用させていただきます。
当評議会からの商品情報、サポート情報など、お客様への情報提供のため
お客様の特性を把握することを目的としたマーケティングデータの作成、分析のため
利用状況や利用環境などに関する調査を実施して客観的にお客様の満足度を把握するため
お客様からのお問い合わせへの回答や、必要に応じお客様に連絡をとるため

第7条 (禁止事項)
1.ユーザーは、当評議会サイトの利用にあたり、次の各号のいずれに該当する行為も行わないものとします。また、当評議会サイト上へアクセスする者が以下の行為を行わないよう合理的な範囲で措置を講じるものとします。
(1)法律、命令、処分、その他の規制に違反する行為
(2)犯罪行為を惹起または助長する行為その他犯罪行為に結びつく行為
(3)猥褻図画・文章に該当するものを掲載する行為
(4)第三者が有する著作権、商標権、肖像権、プライバシーその他の権利・利益を侵害する行為
(5)有害なコンピュータプログラム等を送信または書き込む行為
(6)当評議会または第三者を誹謗中傷する行為。またはその名誉、信用を害する行為
(7)虚偽情報、事実誤認を生じさせる情報等を掲載する行為
(8)その他、公序良俗に反することが明らかな行為
2.当評議会、ユーザーの行為が第1項各号のいずれかに該当するものであることを知った場合、事前にユーザーに通知することなく、本件サービスの全部または一部の提供を一時中断、または第1項各号に該当する行為に関連する情報を本件サービスから削除することができるものとします。

第8条 (サービスの一時中断)
1.当評議会は、ユーザーが本規約または個別契約に違反した場合、事前に通知することなく違反が是正されるまでの間、当該ユーザーに対して本件サービスの全部または一部の利用を一時中断することができるものとします。
2.次の各号のいずれかに該当する場合は、当評議会は、一時的に本件サービスの全部または一部の提供を中断することができるものとします。
(1) システムおよび本件サービスの提供を常に安定稼働させるためのメンテナンスを行う場合
(2) 火災・停電等の事故、地震・洪水等の天災、戦争・暴動・労働争議等の不測の事態により、本件サービスの提供ができなくなった場合
(3) 当評議会が、運用上または技術上、本件サービスの一時中断が必要であると判断した場合

第9条 (サービスの中止)
当評議会は、本件サービスを中止する場合は、ユーザーに対して事前に、任意の手段にて通知するものとします。

第10条 (免責)
1.当評議会は、第8条及び第9条に定める事由により本件サービス提供の遅延・中断・中止が発生した場合であっても、これに起因してユーザーが被った損害(データの消失等含む)について責任を負わないものとします。
2.当評議会は、本件サービス中に含まれるメーカー提供の情報等についてその有用性、完全性、的確性については如何なる責任も負わないものとします。
3.当評議会は、ユーザーが本件サービスを他のプログラムとの組み合わせ又は指定環境以外において利用した場合に生じた一切の損害について、如何なる責任も負わないものとします。

第11条 (ユーザーの損害賠償責任)
ユーザーは、本規約に違反し当評議会に損害を与えた場合、その損害を賠償するものとします。

第12条 (当評議会の損害賠償責任)
当評議会は、本規約に違反しユーザーに損害を与えた場合は、その損害を賠償するものとします。

第13条 (協議)
本規約に定めのない事項及び各条項の解釈に疑義が生じた事項に関しては、ユーザーと当評議会は、誠意をもって協議し解決するものとします。

第14条 (本規約の改定)
今後当評議会は本規約の全部または一部を改定することがあります。変更後の本規約については、ホームページ上に表示した時点より効力を生じるものとします。