HOME

SPEED対応CADシステムのデモビデオ








 

SPEED部品の使い方


SPEEDフォーマットに対応しているCADシステム毎に、SPEED部品の登録や配置方法が異なります。
このページでは、各CADシステム毎の使い方について順次説明して行きます。


 

Jw_cad編


Jw_cadの最新版 Version 7.11 (2012/02/19)は、SPEEDフォーマットに対応しています。
SPEED部品の使い方の詳細はJw_cad Version 7.11のヘルプ、「その他/SPEED Data 読込」を参照してください。


↓Jw_cadの最新版はこちらから

Jw_cadのページ

 

JHOP CAD編


家づくりお役立ちサイトJHOPに会員登録すると、簡易プラン作成ツール「JHOP CAD Free」を、無料でダウンロードできます。
JHOP CAD Freeは、SPEEDフォーマットに対応していますので、SPEED部品の利用が可能です。


↓JHOPへの会員登録はこちらから

家づくりお役立ちサイトJHOP


 

SPEED部品ファイルのインポート

プラン入力画面のファイルメニューから「SPEED部品インポート」を選択します。



SPEED部品ファイルの選択

SPEED部品ファイル選択の画面が表示されたら、予めダウンロードしておいたSPEED部品ファイルを選択します。
 


SPEED部品の登録場所の表示

SPEED部品ファイルのインポートが正常に終了すると、今回インポートしたSPEED部品の登録箇所の説明が表示されます。
 


登録されたSPEED部品の選択

配置メニューから「内観部品|SPEED部品」を選択します。
 


SPEED部品選択画面の表示

SPEED部品選択画面が表示されたら、「グループ」を「ユーザー」に切り替えます。
すると、先ほどインポートしたSPEED部品が表示されます。
続けて、この画面上で登録されている部品のバリエーションを切り替えることができます。
 


SPEED部品の配置

SPEED部品を選択した後、プラン図上に配置します。